プロシアニジンの効果・効能とは?

プロシアニジンとはポリフェノールの一種です。プロシアニジンにはどのような効果・効能があるのか?

プロシアニジンについて ≫

プロシアニジンで健康生活!

プロシアニジンというポリフェノールの効果、効能とは?

プロシアニジンとは?

ポリフェノールが含まれているものを食べると体に良いことは、よく知られていることです。プロシアニジンもポリフェノールの一種です。

赤ワインにポリフェノールがたくさん含まれているということで、一時期よく飲まれたことがありました。赤ワインは肉との相性が良いですから、食事のときに飲むといいです。

お酒というのは、たんぱく質が含まれている食べ物と合わせて飲むといいとされています。ですから、ハンバーグやステーキなどの肉料理を食べるときには、赤ワインを飲んだほうがいいのです。

もちろん、お酒を飲めない体質の人は飲まないほうがいいです。いくらポリフェノールが含まれているとはいえ、アルコールを分解できない人にとっては、お酒は体に悪いのです。 お酒を飲めない人は、緑茶を飲むようにするといいです。

緑茶には、プロシアニジンという抗酸化作用が強いポリフェノールが含まれています。緑茶よりもプロシアニジンが含まれている食品が、りんごです。

ですから、食後にりんごを食べるようにすると、プロシアニジンをたくさん摂取することができます。 りんごというと寒い季節にしかないイメージがありますが、そんなことはありません。お菓子に、りんごはよく使われています。

例えば、アップルパイです。

砂糖がたくさん入っていますから食べすぎはよくありませんが、りんごのない季節はアップルパイを食べればいいのです。 

プロシアニジンには、抗アレルギー作用、抗がん作用、メラニン生成抑制作用など色々な健康に良い作用があります。ですから、健康のためには意識的に摂取するようにしたほうがいいのです。

ポリフェノールは健康によい効果がたくさんありますね。